国内外ニュース

サッカー、武藤が今季初ゴール ドイツ1部リーグ

 レーバークーゼン戦の前半、ゴールを決めガッツポーズするマインツの武藤(右)=マインツ(共同)  レーバークーゼン戦の前半、ゴールを決めガッツポーズするマインツの武藤(右)=マインツ(共同)
 【フライブルク(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグは9日、各地で行われ、マインツの武藤嘉紀はホームのレーバークーゼン戦で0―1の前半終了間際に今季初ゴールを挙げた。後半44分に退き、チームは3―1で今季初勝利。

 ケルンの大迫勇也は敵地でのアウクスブルク戦にフル出場し、無得点。試合は0―3で敗れて開幕3連敗となった。

 ドルトムントの香川真司はアウェーで0―0と引き分けたフライブルク戦で出場機会がなかった。アイントラハト・フランクフルトの長谷部誠と鎌田大地は敵地で1―0と勝利したボルシアMG戦で、いずれもベンチ外だった。

(9月10日0時51分)

サッカー(9月10日)