国内外ニュース

桐生、200メートルは棄権 日本学生対校陸上

 桐生祥秀  桐生祥秀  女子800メートル決勝 2分0秒92の日本学生新記録で初優勝した北村夢(右)=福井県営陸上競技場  女子800メートル決勝 2分0秒92の日本学生新記録で初優勝した北村夢(右)=福井県営陸上競技場
 陸上の日本学生対校選手権最終日は10日、福井県営陸上競技場で行われ、日本人で初めて男子100メートルで10秒の壁を突破する9秒98を前日にマークした桐生祥秀(東洋大)は、コンディションを考慮して200メートルの準決勝を棄権した。

 女子800メートルは北村夢(日体大)が2分0秒92の日本学生新記録で初優勝。女子200メートルは中村水月(大阪成蹊大)が23秒81で制し、100メートル、400メートルリレーと合わせて3冠に輝いた。七種競技は山崎有紀(九州共立大)が5550点の大会新記録で勝った。

(9月10日18時46分)

スポーツ(9月10日)