国内外ニュース

殿堂入りの加茂、今井両氏を掲額 日本サッカー協会

 日本サッカー殿堂入りし、掲額式典に出席した加茂周氏(右)と今井恭司氏=10日午後、東京都内  日本サッカー殿堂入りし、掲額式典に出席した加茂周氏(右)と今井恭司氏=10日午後、東京都内
 日本サッカー協会は10日、日本サッカー殿堂入りした加茂周(77)、今井恭司(71)両氏の掲額式典を東京都内で開き、日本初のプロ監督で日産自動車(現横浜M)や日本代表を率いた加茂氏は「日産で最初に優勝した試合と全日空(横浜フリューゲルス)で延長の末に勝ったのが印象に残っている」と、タイトルを獲得した天皇杯全日本選手権の思い出に浸った。

 サッカーカメラマンの草分け的存在の今井氏は、日本が初出場した1998年ワールドカップ(W杯)の写真を紹介し「ここに来るまでに、どれだけの長い道のりがあったか」と感慨深げに振り返った。

(9月10日16時46分)

サッカー(9月10日)