国内外ニュース

笹子トンネル事故慰霊碑建立へ 中日本高速が遺族へ報告

 説明会で発言する中日本高速道路の宮池克人社長(左)=10日、名古屋市西区  説明会で発言する中日本高速道路の宮池克人社長(左)=10日、名古屋市西区
 9人が死亡した2012年の中央自動車道笹子トンネルの天井板崩落事故で、管理する中日本高速道路(名古屋市)が10日、犠牲者を追悼する慰霊碑を山梨県大月市のトンネル近く2カ所に建立することを遺族らに伝えた。18年度中の完成を目指す。

 この日、名古屋市西区で開かれた安全性向上への取り組みに関する説明会で同社が報告し、遺族も了承した。事故は上り線だったが用地確保などの理由で、いずれも下り線に設置。最寄りの初狩パーキングエリアと笹子トンネル入り口付近に建てる。

 説明会には遺族ら11人が出席した。

(9月10日17時36分)

社会(9月10日)