国内外ニュース

女性暴行で元研修医に懲役5年 さいたま地裁判決

 酒に酔った女性を暴行したなどとして、4件の準強姦と準強姦未遂の罪に問われた船橋中央病院(千葉県船橋市)の元研修医上西崇被告(32)=懲戒解雇=に、さいたま地裁(高山光明裁判長)は11日、「自己中心的かつ卑劣な犯行」として懲役5年(求刑懲役8年)の判決を言い渡した。

 判決理由で高山裁判長は、女性と性行為をするために繰り返し飲み会を開き、罰ゲームとして度数の高い酒を飲ませたと指摘。「被害者のことを顧みず悪質」と述べた。

 上西被告は、判決に先立つ被告人質問で「医師としてあるまじき行為をした」と述べ、自ら医師免許の抹消手続きを申請したと説明した。

(9月11日12時52分)

社会(9月11日)