国内外ニュース

郵政株、9月中にも追加売却 15年以来、最大1・4兆円

 東京・霞が関の日本郵政本社  東京・霞が関の日本郵政本社
 財務省は11日、約8割を保有する郵政株の一部を9月中にも追加売却すると正式に発表した。11日の終値(1321円)で計算すると、売却額は最大で1兆4千億円規模で、全額を東日本大震災の復興財源に充てる。政府が郵政株を売却するのは、2015年以来となる。

 オーストラリアの物流子会社の巨額損失計上などによる株価低迷で、売却計画は足踏みが続いていたが、最近は株価が底堅く、投資家の需要が見込めると判断した。

 追加売却のうち、一般投資家に売却するのは1兆2千億~1兆3千億円程度。

 売却業務を担う主幹事証券会社は、大和証券や野村証券など国内外の6社。

(9月11日17時52分)

経済(9月11日)