国内外ニュース

ロヒンギャ武装集団が停戦表明 ミャンマー政府は拒否

 【ヤンゴン、ジュネーブ共同】ミャンマー治安当局との衝突を続けるイスラム教徒少数民族ロヒンギャの武装集団の中核とみられる武装組織「アラカン・ロヒンギャ救世軍」(ARSA)は10日、西部ラカイン州マウンドーなどでの戦闘を同日から1カ月間停止するとツイッターに声明を出した。同州などで人道支援組織がロヒンギャへの支援を再開できるようにするのが目的としている。

 ARSAはミャンマー政府にも軍事行動をやめるよう呼び掛けたが、アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相の報道官は10日、「テロリストとは交渉しない」とツイートし、拒否する方針を表明した。

(9月11日17時02分)

国際(9月11日)