国内外ニュース

稲田・東京高検検事長が会見 「時代の変化に対応」

 東京高検検事長に就任し、記者会見する稲田伸夫氏=11日午後、東京・霞が関  東京高検検事長に就任し、記者会見する稲田伸夫氏=11日午後、東京・霞が関
 東京高検検事長に7日付で就任した稲田伸夫氏(61)が11日、記者会見し「制度改正や科学技術の発展により、検察を取り巻く環境が変わっている。時代の変化に的確に対応できるようにしたい」と抱負を語った。

 稲田氏が法務事務次官を務めていた昨年の通常国会で改正刑事訴訟法が成立。同法に基づき司法取引が来年までに施行されることには「供述を得るための一つの手段だが、オールマイティーだとは思わない。どのような事件で使うのが良いかよく考えていきたい」と述べた。

 稲田氏は東大卒で、1981年に任官。法務事務次官を経て、2016年9月から仙台高検検事長を務めた。奈良県出身。

(9月11日17時40分)

社会(9月11日)