国内外ニュース

比でRCEP閣僚会合 年末までの重要成果に努力

 ASEAN関連の一連の経済会議が閉幕し、記者会見するフィリピンのロペス貿易産業相(左)ら=11日、マニラ(共同)  ASEAN関連の一連の経済会議が閉幕し、記者会見するフィリピンのロペス貿易産業相(左)ら=11日、マニラ(共同)
 【マニラ共同】日本や中国、東南アジア諸国連合(ASEAN)などの計16カ国が交渉中の東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の閣僚会合が10日、フィリピンの首都マニラで開かれ、交渉分野ごとに重点的な協議項目を特定し、論点を整理した。終了後の声明には、今年末までに「重要な成果を達成すべく、最大限努力することで合意した」として進展を目指す方針を盛り込んだ。4日に始まったASEAN関連の一連の経済会議は予定を全て終え11日に閉幕した。

 交渉参加国はASEAN発足50周年の今年中の合意を目指していたが、実現は厳しそうだ。

(9月11日19時06分)

経済(9月11日)