国内外ニュース

メキシコ地震、死者91人に 礼拝堂崩壊、信者に悲しみ

 屋根の崩壊で壊れた礼拝堂のベンチ=10日、メキシコ・チアパス州トナラ(共同)  屋根の崩壊で壊れた礼拝堂のベンチ=10日、メキシコ・チアパス州トナラ(共同)
 【トナラ共同】メキシコ南部沖で7日起きた地震で、南部オアハカ、チアパス州などの被災地では10日も余震の中、救援活動が続いた。震源地に近いチアパス州トナラでは地域の小さな礼拝堂の屋根などが激震で崩落、悲しみに包まれた信者らが片付けに追われていた。メキシコ政府によると、死者は91人に達した。

 「自慢の美しい礼拝堂だった。言葉にできないほど悲しい」。礼拝堂を管理するマリア・リオスさん(67)が天を仰ぎながら嘆いた。礼拝堂は2008年3月、住民の寄付を募って建てられた。毎週日曜日には約300人の信者らが集う、地域にとって大切な場所だった。

(9月11日19時37分)

国際(9月11日)