国内外ニュース

高安と宇良が右脚負傷、秋場所 休場の可能性も

 玉鷲戦で右脚を負傷し、両国国技館を後にする高安  玉鷲戦で右脚を負傷し、両国国技館を後にする高安
 大相撲秋場所2日目の11日、東大関の高安(田子ノ浦部屋)が玉鷲に押し出された一番で右脚を負傷し、休場する可能性が出てきた。両国国技館内の相撲診療所で診察を受けた本人によると、太ももの肉離れの疑いがあるという。

 診療所には車いすで運ばれたが、迎えの車には歩いて乗り込んだ。3日目(12日)の出場について「しっかり検査しないといけない。靱帯は大丈夫」と話し、精密検査の結果を受けて判断する方針を示した。

 西前頭4枚目で人気の宇良(木瀬部屋)は貴景勝に突き倒された一番で、先場所負傷した右膝を悪化させた。3日目の出場は当日朝の様子を見て決めるという。

(9月11日20時56分)

相撲(9月11日)