国内外ニュース

NY株、一時210ドル超高 ハリケーンへの懸念後退

 ニューヨーク証券取引所(ロイター=共同)  ニューヨーク証券取引所(ロイター=共同)
 【ニューヨーク共同】週明け11日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は急伸し、前週末からの上げ幅が一時210ドル超に達した。米南部フロリダ州に上陸した大型ハリケーン「イルマ」の被害が予想よりも小さかったとの見方が強まり、買い安心感が広がった。

 市場で懸念されていた北朝鮮による9日の建国記念日の挑発行動が実際にはなかったことも買いを誘った。

 午前10時現在は前週末比187・82ドル高の2万1985・61ドル。ハイテク株主体のナスダック総合指数は71・69ポイント高の6431・88だった。

(9月11日23時46分)

経済(9月11日)