国内外ニュース

奈良県で猛烈な雨 鉄道混乱、ラッシュに影響

 近鉄橿原神宮前駅構内の通路にたまった水を掃き出す駅員=12日午前  近鉄橿原神宮前駅構内の通路にたまった水を掃き出す駅員=12日午前
 前線を伴った低気圧の影響に伴い、気象庁は12日午前、奈良県の天理市や大和高田市など複数地点で1時間に約120~100ミリの猛烈な雨がレーダーによる解析で観測されたとして、記録的短時間大雨情報を発表した。奈良県を中心に鉄道の運休や遅れも相次ぎ、朝のラッシュ時の通勤や通学に影響が出た。

 気象庁は西日本から東日本で12日夕、北日本で13日にかけて雷を伴った激しい雨が降り、局地的に猛烈な雨が降るとして土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒を呼び掛けた。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要としている。

(9月12日11時02分)

社会(9月12日)