国内外ニュース

司法試験合格者1543人 合格率増、目標辛くも達成

 司法試験の合格発表で自分の番号を見つけ万歳して喜ぶ合格者=12日午後、東京・霞が関  司法試験の合格発表で自分の番号を見つけ万歳して喜ぶ合格者=12日午後、東京・霞が関
 法務省は12日、2017年司法試験に、昨年より40人少ない1543人が合格したと発表した。政府が2015年に下方修正した「年間1500人」という目標にかろうじて達したが、4年連続で2千人を下回った。受験者数は932人減の5967人。合格率は2・91ポイント増の25・86%。

 法務省によると、法科大学院別の合格率は京大の50・00%がトップ。一橋大49・59%、東大49・45%、慶応大45・43%が続き、法科大学院全体では22・51%(1253人)だった。

 合格者は男性1228人、女性315人。平均年齢は28・8歳で、最年長は71歳、最年少は21歳だった。

(9月12日16時41分)

社会(9月12日)