国内外ニュース

70歳超の年金開始可能に 高齢社会対策で有識者会議

 内閣府の有識者会議は12日、高齢社会対策の基本的な考え方を示した骨子をまとめた。年金の受給開始年齢を70歳より後に遅らせることができるよう、現在よりも選択の幅を広げ、高齢者の就労を促すことなどが柱。

 有識者会議は、国の高齢化対策の指針である「高齢社会対策大綱」を5年ぶりに改定するのを受けて発足。10月上旬に報告書をまとめる予定で、この内容を踏まえ、政府は新たな大綱を年末までに閣議決定する。

 骨子は繰り下げ受給の上限を70歳から延ばすことを検討すべきだとした。自民党のプロジェクトチームも今年4月、同様の提言をまとめている。制度化するかどうかは厚労省が検討。

(9月12日19時46分)

経済(9月12日)