国内外ニュース

中国、元高の行き過ぎを修正か 元安抑制措置を撤廃

 【北京、上海共同】12日の中国・上海外国為替市場の人民元相場は対ドルで続落した。中国人民銀行(中央銀行)が先物取引に関する元安抑制措置を撤廃したと11日に伝えられ、2日連続で下落。当局が行き過ぎた元高の修正に乗り出した可能性がある。

 中国の通信社、中国新聞社は11日、人民銀が、為替先物取引で銀行が元を売って外貨を買う際に当局に準備金を預ける措置を撤廃したと伝えた。この措置は、元を売るコストを上げることで元安進行を抑えることを狙っていた。

(9月12日22時07分)

経済(9月12日)