国内外ニュース

東京円、110円台前半

 13日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=110円台前半で取引された。

 午前10時現在は、前日比60銭円安ドル高の1ドル=110円14~15銭。ユーロは68銭円安ユーロ高の1ユーロ=131円84~88銭。

 北朝鮮情勢を巡る警戒感がひとまず後退し、相対的に安全な資産とされる円を売ってドルを買い戻す動きが優勢となった。米長期金利の上昇も、日米金利差の拡大を意識したドル買いにつながった。

 市場では「北朝鮮情勢は依然として大きなリスクで、積極的な売買は控えられそうだ」(外為ディーラー)との声が聞かれた。

(9月13日10時12分)

経済(9月13日)