国内外ニュース

円急伸、一時109円半ば ミサイルでオセアニア市場

 【シドニー共同】北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け、15日のオセアニア外国為替市場で円相場が急伸し、一時1ドル=109円56銭をつけた。投資家がリスクを避け、相対的に安全な通貨とされる円を買ってドルを売る動きを強めた。

 日本時間午前7時45分現在は1ドル=109円90銭~110円ちょうど。ユーロは1ユーロ=1・1913~23ドル、130円95~131円05銭。

 シドニーの邦銀関係者は「一時売られたドルは既に買い戻されたが、神経質な値動きが続きそうだ」と話している。

(9月15日8時31分)

経済(9月15日)