国内外ニュース

EU、企業買収の審査強化へ 中国への技術流出を警戒

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)欧州委員会は14日、中国など域外企業による欧州企業買収に対する審査強化案を発表した。ハイテクやインフラ、軍事、宇宙分野など戦略的に重要な企業やその技術が外国の、特に政府系企業の手に渡ることを防ぐことが目的。

 中国家電大手の美的集団は昨年、ドイツの産業用ロボット大手クーカの買収を発表した。一方、ドイツ政府は、中国の投資会社によるドイツ半導体製造装置メーカー、アイクストロンの買収認可を撤回。中国の動きを警戒し、EUに買収規制強化を求めていた。

 欧州委によると、買収審査の基準を共通化し、情報や意見を交換しながら審査を進める。

(9月15日8時55分)

経済(9月15日)