国内外ニュース

円下落、一時111円台 前週末の流れ引き継ぐ

 【シドニー共同】週明け18日のオセアニア外国為替市場の円相場は下落し、一時1ドル=111円台前半で取引された。前週末の円安の流れを引き継いだ。

 日本時間午前7時50分現在は、1ドル=110円98銭~111円08銭。

 前週末15日のニューヨーク市場は前日比で円安となり、110円台後半で取引を終えていた。15日のロンドン市場では、一時1ドル=111円30銭台まで下げていた。

 19、20日に米連邦準備制度理事会(FRB)が金融政策を協議する連邦公開市場委員会を開くため、シドニーの邦銀関係者は「様子見もあり、大きな値動きはないのではないか」と話している。

(9月18日9時07分)

経済(9月18日)