国内外ニュース

台風情報=気象庁予報部(位置)

 平成29年 台風第18号に関する情報 第154号 (位置)

 平成29年9月18日午後9時50分

 気象庁予報部 発表

 

 台風第18号は温帯低気圧に変わりました。

 

 【本文】

 台風第18号は18日21時に温帯低気圧に変わりました。中心はサハリンの北緯47度、東経143度にあって、1時間におよそ45キロの速さで北へ進んでいます。中心の気圧は976ヘクトパスカル最大風速は30メートルで中心の南東側1100キロ以内と北西側370キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

 12時間後の19日9時にはオホーツク海の北緯50度、東経146度を中心とする半径90キロの円内に達する見込みです。

 24時間後の19日21時にはオホーツク海の北緯52度、東経146度を中心とする半径160キロの円内に達する見込みです。

 なお、温帯低気圧の中心が予報円に入る確率は70%です。

 これをもって台風第18号に関する情報(位置)は終了します。なお、台風から変わった低気圧の周辺では引き続き強い風が吹いています。今後は海上警報等を利用して警戒して下さい。

(9月18日21時55分)

気象情報(9月18日)