国内外ニュース

NY原油、49ドル台 小幅上昇

 【ニューヨーク共同】週明け18日のニューヨーク原油先物相場は小幅に上昇し、指標の米国産標準油種(WTI)の10月渡しが前週末比0・02ドル高の1バレル=49・91ドルで取引を終えた。

 世界的な需給引き締まりへの期待が高まったことに加え、前週末に発表された米国内の石油掘削装置の稼働数が減ったことも材料視された。ただ、前週の相場上昇を受けた利益確定売りも出やすく、上値は重かった。

(9月19日6時21分)

経済(9月19日)