国内外ニュース

韓国の犠牲ない軍事選択肢ある 対北朝鮮で米国防長官

 【ワシントン共同】マティス米国防長官は18日、韓国の首都ソウルを重大な危険にさらさずに北朝鮮に軍事力を行使する選択肢はあると記者団に語った。具体的な方法など詳細については明らかにしなかった。

 北朝鮮への武力行使については、報復攻撃により韓国や日本で甚大な犠牲が出ることが想定され、実際に踏み切るのは困難視されてきた。マティス氏の発言には、実行可能な軍事オプションがあると強調することで北朝鮮側をけん制する狙いがあるとみられる。

 マティス氏は、北朝鮮が米国の軍事行動を誘発しない範囲で「可能な限りの挑発」を慎重に行っていると指摘した。

(9月19日7時05分)

国際(9月19日)