国内外ニュース

英首相、ミャンマー軍支援を中止 ロヒンギャ問題、状況改善を要求

 【ロンドン共同】ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャが難民として多数出国している問題を巡り、英政府は19日、ミャンマー軍への教育などの支援を見合わせると発表し、市民の保護を含む対策を早急に講じるよう同軍に求めた。

 英メディアによると、国連総会出席のため訪米中のメイ英首相は同日、「ロヒンギャ住民に対する軍事行動は止めなくてはならない」と述べた上で、問題が解決されるまで「全ての支援を停止する」と強調した。

 英国防省は2014年からミャンマー軍兵士らに指導法や英語を教える支援を続けており、これまでの支援額は65万ポンド(約9800万円)を超えるという。

(9月20日9時15分)

国際(9月20日)