国内外ニュース

東証、午前終値は2万0298円 もみ合う展開

 20日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は前日の終値を挟んでもみ合う展開となった。前日に年初来高値を更新したことから投資利益を確定する売りと、米株高を受けた買いが交錯した。

 午前終値は前日終値比0円58銭安の2万0298円80銭。東証株価指数(TOPIX)は0・53ポイント高の1668・41。

 19日の平均株価は円安進行などを背景に約2年ぶりの高値をつけていた。前日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は6営業日連続で終値の過去最高値を更新した。

(9月20日12時02分)

経済(9月20日)