国内外ニュース

白石美帆が朝ドラの裏話を披露 どうしても正しい茨城弁に

 「『ひよっこ』の舞台 茨城県北フェア」のキックオフイベントに登場した柴田理恵(左)と白石美帆=20日、東京都内  「『ひよっこ』の舞台 茨城県北フェア」のキックオフイベントに登場した柴田理恵(左)と白石美帆=20日、東京都内
 NHK連続テレビ小説「ひよっこ」に出演している女優の白石美帆が、東京・銀座の「茨城マルシェ」で開かれた「『ひよっこ』の舞台 茨城県北フェア」のキックオフイベントに登場した。同県出身の白石はドラマでは東京育ちのバー店主役で「一番ネーティブな人間が『東京ものです』と言っているのがくすぐったかった」と、撮影を振り返った。

 白石は茨城県常陸大宮市の出身で、「いばらき大使」を務める。ドラマでは、有村架純演じる主人公に茨城弁を習うシーンがあり「うまく言ってはいけないのに、どうしても正しい茨城弁になっちゃう。脳内パニックになった」と明かした。

 白石が上京した当時は茨城弁に戻らないように、実家の両親ともファクスでやりとりするなど苦労があったという。「朝ドラのおかげで『茨城弁かわいいね』とか、今までにないお褒めの言葉をもらった」と喜ぶ白石に、共演した柴田理恵も「かわいらしくてあったかくて、明るい言葉」と茨城弁の良さを語っていた。

 茨城県の食材などをPRする同フェアは10月20日まで開催。

(9月20日16時31分)

文化・芸能(9月20日)