国内外ニュース

日仏首脳、防衛協力の強化で一致 北朝鮮への圧力強化も

 会談前にフランスのマクロン大統領(右)と握手する安倍首相=20日、ニューヨークの国連本部(代表撮影・共同)  会談前にフランスのマクロン大統領(右)と握手する安倍首相=20日、ニューヨークの国連本部(代表撮影・共同)
 【ニューヨーク共同】安倍晋三首相は20日午後(日本時間21日未明)、フランスのマクロン大統領と国連本部で会談し、防衛協力を強化することで一致した。北朝鮮による核・ミサイル開発や中国の南シナ海での海洋進出に連携して対応したい考えだ。北朝鮮への圧力強化も申し合わせた。

 自衛隊とフランス軍が物資などを円滑に融通し合う物品役務相互提供協定(ACSA)の締結交渉開始で合意していることを踏まえ、両首脳は交渉加速と防衛装備協力を進めることを確認した。

 対北朝鮮で首相は「国連安全保障理事会の制裁決議は、完全に履行されて初めて真価を発揮する」と強調した。

(9月21日6時05分)

政治(9月21日)