国内外ニュース

米軍、嘉手納で降下訓練強行 防衛相は「遺憾」

 米軍嘉手納基地で行われたパラシュート降下訓練=21日午前、沖縄県嘉手納町  米軍嘉手納基地で行われたパラシュート降下訓練=21日午前、沖縄県嘉手納町
 米軍は21日、米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)で、日本政府や沖縄県などが中止を求めていたパラシュート降下訓練を行った。4月と5月に続き、今年に入り3度目。小野寺五典防衛相は防衛省で記者団に「遺憾だ。(日米合意に基づき)伊江島補助飛行場での訓練を米軍に求めたい」と述べた。

 嘉手納基地上空では21日午前7時半ごろから、MC130特殊作戦機から2度、計16人の米兵が飛び降りた。全員がパラシュートを使って基地内に着地した。

 嘉手納町の当山宏町長は役場屋上で降下訓練実施を確認後、記者団に対し「周辺住民の声を無視する行為だ。決して容認できない」と批判した。

(9月21日10時56分)

社会(9月21日)