国内外ニュース

中国、高速鉄道350キロ再開 「復興号」世界最速に

 中国の高速鉄道「復興号」の車内で表示される走行速度=21日(共同)  中国の高速鉄道「復興号」の車内で表示される走行速度=21日(共同)
 【北京共同】中国の高速鉄道は21日、最高時速350キロでの営業運転を再開した。2011年7月に浙江省温州市で起きた衝突事故を受け、最高速度を350キロから300キロに落として運行していたが、安全性が向上したとして約6年ぶりに引き上げることを決めた。中国メディアによると、営業運転としては世界最速。

 日本では東北新幹線の時速320キロが最速。今年10月の共産党大会を前に、中国の技術水準の高さをアピールすることで国威を発揚する狙いがあるとみられる。

 運行区間は北京―上海間で、車両は6月から投入した最新の「復興号」。

(9月21日9時51分)

国際(9月21日)