国内外ニュース

平昌五輪のメダル公開 側面にハングルを刻む

 21日、ソウル市内で開かれた平昌冬季五輪のメダル公開セレモニー(共同)  21日、ソウル市内で開かれた平昌冬季五輪のメダル公開セレモニー(共同)
 【ソウル共同】来年2月の平昌冬季五輪で選手に授与されるメダルが21日、公開された。韓国を象徴する文字「ハングル」をモチーフとしたデザインとなった。メダルの前面には五輪のエンブレムが記され、側面には「平昌冬季五輪2018」をハングル表記した際の子音部分が刻まれている。重さは493~586グラムという。

 大会組織委員会は同日、ソウル市内で公開セレモニーを開催。パラリンピックのメダルについては後日発表する。

 大会を巡っては競技会場などの整備がほぼ完成した一方で、韓国内の関心の低さが課題となっている。

(9月21日10時50分)

国際大会(9月21日)