国内外ニュース

公明、改憲争点化を警戒 山口氏「選択肢示されず」

 公明党の山口那津男代表は21日の記者会見で、憲法改正について「どの党も明確な意見を国会に出しておらず、国民に選択肢が示されていないのが現状だ」と述べ、次期衆院選での争点化に警戒感を示した。

 野党が臨時国会冒頭の衆院解散に反発していることには「政権を奪おうという立場からすれば、むしろ野党から早く解散しろとの要求があってもいい」と批判した。

(9月21日13時47分)

政治(9月21日)