国内外ニュース

オートレース、永井7度目の優勝 共同通信社杯

 優勝しVサインを見せ喜ぶ永井大介、後方は2着の鈴木圭一郎=飯塚オートレース場  優勝しVサインを見せ喜ぶ永井大介、後方は2着の鈴木圭一郎=飯塚オートレース場  賞金ボードを手にする永井大介(右)=飯塚オートレース場  賞金ボードを手にする永井大介(右)=飯塚オートレース場
 オートレースの共同通信社杯プレミアムカップ(特別G1)最終日は21日、福岡県の飯塚オートレース場で優勝戦(4100メートル、8周)が行われ、永井大介(川口)が2分18秒0(上がり3秒366)で優勝した。賞金600万円を獲得するとともに、自身の持つこのレースの最多優勝記録を7に伸ばした。

 トップスタートを決めた3番車の永井が逃げに持ち込んだ。2番手につけた鈴木圭一郎(浜松)にいったんは抜かれたが、すぐに抜き返し勝負を決めた。3着は青山周平(伊勢崎)が守った。

 払戻金は連単が(3)―(4)で1010円、3連単が(3)―(4)―(1)で1840円。

(9月21日17時56分)

スポーツ(9月21日)