国内外ニュース

伊方1号機の廃炉作業公開 配管の解体準備、四国電力

 四国電力伊方原発1号機で廃炉作業をする作業員=21日午後、愛媛県伊方町  四国電力伊方原発1号機で廃炉作業をする作業員=21日午後、愛媛県伊方町
 四国電力は21日、愛媛県伊方町の伊方原発1号機で、廃炉作業の様子の一部を報道陣に公開した。12日から作業を始めており、完了までは約40年、費用は407億円を見込む。

 21日は原子炉補助建屋で、1次系の冷却水が通る配管の解体準備を進めており、配管の番号を読み上げ、作業員らがメジャーを使って切断予定箇所の間隔を測る場面を公開した。

 計画では、第1段階の解体工事準備期間で使用済み核燃料の搬出などをし、第2段階で原子炉周辺を、第3段階で原子炉を解体。第4段階で建屋を解体・撤去する。

(9月21日18時12分)

科学・環境(9月21日)