国内外ニュース

日本往来の男性に再審無罪、韓国 「スパイ」の証拠なく捏造認定

 再審で無罪判決を受け、友人に祝福される金長浩さん(右)=21日、ソウル高裁(共同)  再審で無罪判決を受け、友人に祝福される金長浩さん(右)=21日、ソウル高裁(共同)
 【ソウル共同】韓国高裁は21日、幼少期から日韓間を往来し、1982年に韓国で「北朝鮮スパイ」として摘発され、国家保安法違反罪で服役した韓国人男性、金長浩さん(76)の再審で無罪判決を言い渡した。

 高裁の尹駿裁判長は令状なしに拘束する違法捜査が行われ「自白に証拠能力はなく、他にも証拠は皆無だ」と指摘し、嫌疑自体がでっち上げだと認定した。

 韓国では70~80年代、少なくとも30人の在日韓国人がスパイ嫌疑の捏造事件で処罰されたが、日韓往来の韓国人も同時期「スパイ目的で韓国へ戻った」との罪状で多数が摘発され、大部分が拷問によって嫌疑をでっち上げられた疑いがある。

(9月21日19時46分)

国際(9月21日)