国内外ニュース

TPP東京会合が開幕 米国抜き発効の凍結項目協議

 東京都内で開幕したTPPの首席交渉官会合=21日  東京都内で開幕したTPPの首席交渉官会合=21日
 米国を除く環太平洋連携協定(TPP)の参加11カ国は21日、東京都内で首席交渉官会合を開いた。離脱した米国抜きでの発効に向け、現協定の一部を凍結することにしており、対象項目の絞り込みが議題。2日間の協議を通じ、各国の見直し要望を認めるかどうかを判断する具体的な基準を作ることを目指す。

 会合で議論が進展すれば、目標とする11月合意の実現性が高まる。ただ、自国産業に有利になるような修正要求に踏み込む国もあり、意見集約は難航する可能性もある。

 各国は、効力を一時的に棚上げする凍結や、修正を求める項目を提示。知的財産とその他の課題の作業部会に振り分けて検討する。

(9月21日20時00分)

経済(9月21日)