国内外ニュース

数千人が「魔女狩り」被害 国連人権理で初のセミナー

 【ジュネーブ共同】ジュネーブで開催中の国連人権理事会で21日、世界各地に残る迷信による「魔女狩り」などの被害と人権について考えるセミナーが行われた。人権高等弁務官事務所によると、世界では今も毎年数千人が「魔女狩り」などの被害に遭っており、各国政府に早急な対策を呼び掛けた。

 セミナーでは、ギルモア人権副高等弁務官が演説し「私たちはこれまで十分理解せず、見過ごしてきたものに目を向ける必要がある」と指摘、迷信などを原因とする人権侵害を止めねばならないと訴えた。

 “魔女狩り”はサハラ砂漠以南のアフリカ諸国やインド、パプアニューギニアなどでみられる。

(9月22日6時11分)

国際(9月22日)