国内外ニュース

仏、平昌五輪参加に懸念 北朝鮮核・ミサイルで

 【パリ共同】北朝鮮の相次ぐ核、ミサイル発射実験を受け、フランスのフレセル・スポーツ相は21日、地元ラジオのインタビューで来年2月に韓国で開く平昌冬季五輪について「フランス選手団を危険にさらすことはできない」と述べ、安全確保に懸念を示した。

 フレセル氏は「(北朝鮮を巡る危機が)悪化し、安全が確保されないのならば、フランス選手団は国にとどまる」と話した。一方、現時点で危機の推移を予測することができているわけではなく「外務省と緊密に連携し、詳細に情勢を分析する」と強調した。

(9月22日6時21分)

国際(9月22日)