国内外ニュース

日銀、現行緩和策見直しを 元審議委員、信頼性に懸念

 講演する元日銀審議委員の木内登英氏=22日午後、東京・内幸町の日本記者クラブ  講演する元日銀審議委員の木内登英氏=22日午後、東京・内幸町の日本記者クラブ
 元日銀審議委員の木内登英氏は22日、日本記者クラブで記者会見し、現行の金融緩和策は「問題がある枠組みだ」と見直しを求めた。日銀の情報発信の在り方にも言及し、物価目標の達成時期先送りの繰り返しなどによって「国民からの(日銀の)信頼性が問われている」と懸念を示した。

 日銀は昨年9月に政策目標をお金の量から金利に転換し、短期金利をマイナス0・1%、長期金利を0%程度に操作する枠組みを続けている。

 木内氏は、北朝鮮問題など地政学リスクが高まると日米の金利差が縮小して円高ドル安が進むなど景況感を悪化させると説明した。

(9月22日19時05分)

経済(9月22日)