国内外ニュース

カリブ海の死者27人に ハリケーン「マリア」

 ハリケーン「マリア」の襲来で冠水した道路=21日、プエルトリコ・サンフアン近郊(ロイター=共同)  ハリケーン「マリア」の襲来で冠水した道路=21日、プエルトリコ・サンフアン近郊(ロイター=共同)
 【リオデジャネイロ共同】カリブ海で発生した大型ハリケーン「マリア」は暴風雨を伴って北上を続け、AP通信によると22日までにドミニカや米自治領プエルトリコなどで少なくとも27人が死亡した。米本土には到達しない見通し。

 財政破綻状態にあるプエルトリコでは大規模な停電が発生。近年、発電施設の維持管理が不十分だったこともあり、復旧には数カ月かかるとの見方もある。

 米ハリケーンセンターによると、22日午後(日本時間23日未明)の時点でマリアの勢力は5段階分類で上から3番目の「カテゴリー3」。今後、徐々に勢力を弱めるとみられている。

(9月23日19時15分)

国際(9月23日)