国内外ニュース

米特使、クルド投票に懸念 「多くの危機もたらす」

 【ニューヨーク共同】過激派組織「イスラム国」(IS)壊滅を目指す有志連合の調整を担当するマクガーク米大統領特使は22日、ニューヨークで記者会見し、イラク北部クルド自治政府が25日に実施を予定しているイラクからの独立の是非を問う住民投票について「米国が完全にコントロールできない多くの危機をもたらす」と懸念を表明した。

 ホワイトハウスによると、トランプ米大統領とトルコのエルドアン大統領は21日にニューヨークで会談し、住民投票に反対することで一致した。

(9月23日6時25分)

国際(9月23日)