国内外ニュース

中国、北朝鮮に石油輸出制限 安保理決議に基づき

 【北京共同】中国商務省は23日までに、北朝鮮に対する石油精製品などの輸出制限を始めると発表した。国連安全保障理事会が11日に採択した、北朝鮮に対する制裁決議に基づく措置。安保理決議として初めて石油規制に踏み込んだ制裁を、中国も忠実に履行する姿勢をアピールした。

 10月1日から12月31日までの石油精製品の輸出量を、50万バレルを超えない範囲に制限する。2018年は年間で200万バレルを上限とする。

 また制裁決議に基づき、北朝鮮の主要産品の一つである繊維製品の輸入を22日付で全面的に禁止。既に契約を交わした商品については12月10日まで輸入手続きを認める。

(9月23日13時25分)

国際(9月23日)