国内外ニュース

韓国歌手巡り疑惑拡大 娘の死発覚で検察捜査

 生前のキム・グァンソク氏(芸術企画「ソンウ」提供・聯合=共同)  生前のキム・グァンソク氏(芸術企画「ソンウ」提供・聯合=共同)
 【ソウル共同】韓国で「伝説のフォーク歌手」と呼ばれ、1996年に31歳の若さで変死した故キム・グァンソク氏の曲の著作権を相続した一人娘が2007年に17歳で急死し、キム氏の妻がこれを隠し続けてきたことが23日までに発覚した。検察は娘の死の再捜査に着手し、キム氏の死に関する捜査結果への疑念が拡大している。

 キム氏の死を「自殺」と主張した妻が、娘の死で数十億円相当とみられる著作権を手にしたことから、他の遺族やジャーナリストが妻の取り調べを求めていた。

 キム氏は韓国を代表する国民的歌手で、「2等兵の手紙」など多くの作品は今も広い世代に愛されている。

(9月23日16時46分)

国際(9月23日)