国内外ニュース

ジャパンパラ陸上、佐藤が2冠 車いすの男子400、1500で

 男子1500メートル(車いすT52) 3分53秒11で優勝した佐藤友祈(左)=とうほう・みんなのスタジアム  男子1500メートル(車いすT52) 3分53秒11で優勝した佐藤友祈(左)=とうほう・みんなのスタジアム
 障害者陸上のジャパンパラ大会第1日は23日、福島市のとうほう・みんなのスタジアムで行われ、7月の世界選手権で2個の金メダルを獲得した佐藤友祈が車いすT52クラスの男子400メートルを1分3秒22、1500メートルを3分53秒11でともに制し、2冠を達成した。

 世界選手権代表勢では、山本篤が男子100メートルと400メートル(ともに切断などT42)で優勝。男子砲丸投げ(車いすF53)は69歳の大井利江が6メートル58で制した。女子400メートル(切断などT47)の辻沙絵は体調不良のため欠場した。

(9月23日18時36分)

スポーツ(9月23日)