国内外ニュース

ゆりかご10年、2割が施設 家庭的養育へ、橋渡し課題

 熊本市の慈恵病院の「こうのとりのゆりかご」  熊本市の慈恵病院の「こうのとりのゆりかご」
 親が育てられない子どもを匿名で預け入れる慈恵病院(熊本市)の「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)の運用開始から10年で、預けられた130人のうち28人が、里親や特別養子縁組ではなく、乳児院や児童養護施設といった施設で養育されていることが23日、市専門部会(会長・山県文治関西大教授)が公表した検証報告書で分かった。

 2007年5月の運用開始後、検証報告書の公表は4回目。元の家庭に戻ったり、特別養子縁組につながったりするケースも多い一方、約2割が施設で暮らす実態が判明し、家庭的な養育にどうつなげるかという課題が改めて浮かび上がった。

(9月23日19時11分)

暮らし・話題(9月23日)