国内外ニュース

山県亮太、10秒00で優勝 全日本実業団陸上最終日

 男子100メートル決勝 10秒00をマークし、優勝した山県亮太(右)=ヤンマースタジアム長居  男子100メートル決勝 10秒00をマークし、優勝した山県亮太(右)=ヤンマースタジアム長居
 陸上の全日本実業団対抗選手権最終日は24日、大阪市のヤンマースタジアム長居などで行われ、男子100メートル決勝は追い風0・2メートルの条件下、リオデジャネイロ五輪代表の山県亮太(セイコーホールディングス)が日本歴代2位の10秒00で制し、大会2連覇を果たした。

 ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)は故障のため出場しなかった。

(9月24日15時47分)

スポーツ(9月24日)