国内外ニュース

中日の森野、本拠地で引退試合 来季は打撃コーチ

 7回、現役最後の打席を終え、花束を手にファンの声援に応える中日・森野=ナゴヤドーム  7回、現役最後の打席を終え、花束を手にファンの声援に応える中日・森野=ナゴヤドーム
 中日の森野将彦内野手(39)が24日、ナゴヤドームで行われた広島戦での引退試合に出場し、今季本拠地最終戦で約3万6千人の観衆を前に中日一筋21年の選手生活に別れを告げた。試合後の記者会見では「やり切ったという気持ち。悔いなく、笑顔で終われて幸せ」と晴れやかに話した。

 七回に代打に出ると、球場全体から温かい拍手を送られた。結果は一ゴロ。すがすがしい笑顔で歓声に手を振って応え、花束を受け取った。森野は神奈川・東海大相模高から入団し、通算1581安打。勝負強い打撃で中日の黄金期を支えた。

 今後は打撃コーチとして球団に残る予定。

(9月24日20時01分)

プロ野球(9月24日)