国内外ニュース

フィギュアペアの川口が現役引退 ロシア代表で五輪4位

 川口悠子(ゲッティ=共同)  川口悠子(ゲッティ=共同)
 フィギュアスケートのペアで2010年バンクーバー冬季五輪4位に入った川口悠子、アレクサンドル・スミルノフ組(ロシア)が現役引退を決めたと25日までにロシアのタス通信が報じた。指導するタマラ・モスクビナ・コーチが「川口とスミルノフは平昌五輪の代表に選ばれそうにないため、引退を決めた」と語った。

 愛知県出身で35歳の川口はジュニア時代にシングルで活躍したが、1999年に日本を離れてペアに転向。その後ロシアに渡り、06年に3歳年下のスミルノフとコンビを結成した。09年にロシア国籍を取得し、09、10年の世界選手権で銅メダル。欧州選手権では2度優勝した。(共同)

(9月25日19時32分)

スポーツ(9月25日)