国内外ニュース

朴前大統領の勾留延長請求 韓国検察

 【ソウル共同】韓国検察は26日、巨額の収賄罪に問われている前大統領、朴槿恵被告の公判で、10月16日に拘束期限を迎えた後も保釈せず、さらに6カ月間勾留を可能にするため新たな逮捕状の発付を裁判所に請求したと明らかにした。

 韓国では、逮捕を経た被告は起訴から6カ月以内に一審判決が出なければ保釈すると定められている。朴被告はサムスングループからの収賄容疑で逮捕され、4月17日に逮捕状になかったロッテグループからの収賄罪も含め計18の罪状で起訴された。韓国の法律では、拘束中の被告を再び逮捕し、さらに6カ月間拘束することができる。

(9月26日12時01分)

国際(9月26日)