国内外ニュース

EU、福島産食品の規制緩和へ コメや水産物の輸入、年内にも

 欧州連合本部(AP=共同)  欧州連合本部(AP=共同)
 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)が2011年の東京電力福島第1原発事故後に課している日本産食品への輸入規制について、欧州委員会で食品安全を担当する常任委員会は26日までに、福島など10県の食品の一部または全部を除外する方針を承認した。欧州委は年内にも最終決定するとみられる。米国も最近、乳製品の輸入規制を緩めており、世界で徐々に緩和が進んでいる。

 規制緩和の検討の対象とされてきた県は福島、秋田、岩手、宮城、山形、茨城、栃木、群馬、千葉、長野の10県。対象品目はコメのほか一部水産物や山菜類など。内容は県によって異なる。

(9月26日23時30分)

経済(9月26日)