国内外ニュース

宮崎、幸島ボスザル戻れず交代か 本土と陸続きの「砂の道」消え

 本土に取り残されたとみられるボスザル「ケイ」(京都大野生動物研究センター提供)  本土に取り残されたとみられるボスザル「ケイ」(京都大野生動物研究センター提供)
 イモを海水で洗って食べる「文化ザル」の群れが生息する宮崎県串間市の幸島で、ボスザルが交代したとみられることが26日、京都大野生動物研究センターの調査で分かった。今年2月から干潮時に本土と陸続きになる現象が起きていたが、8月の台風で砂の道が消え、元のボスザルが本土に取り残されている可能性が高いとみられる。

 幸島は本土から約200メートル沖合にあり、ニホンザル約90匹が生息。北風で本土との間に堆積した砂を台風の南風が押し流していた。しかし昨年の台風はコースが異なり、砂の道が出現。雄のボスザルが行き来するようになり、本土で木の実を食べる姿も度々目撃された。

(9月26日22時01分)

暮らし・話題(9月26日)